高反発マットレス モットンとシモンズを7つの項目で比較!

モットン シモンズ マットレス比較記事

人気のマットレスである「高反発マットレスのモットン」と「シモンズ」を7つの項目で比較してみました。

今回は、マットレスを購入する際に基本となる「1.価格」「2.寸法や重量」「3.寝心地の良さ」「4.腰痛対策」「5.衛生面」「6.耐久性」「7.返金や製品保証」を徹底比較しています。両社の良いところ悪いところ包む隠さずお伝えしていきます。

これからどちらを買おうか迷っている方の参考になれば幸いです。

「高反発マットレスのモットン」と「シモンズ」を7つの項目で比較しました!

1.価格で比較各サイズの価格で比較してみました。
2.寸法や重量で比較各サイズの寸法や厚み、重量で比較しました。
3.腰痛対策で比較マットレスの層の構成や硬さや、体圧分散といった腰痛に関係しそうな項目で比較しました。
4.寝心地の良さで比較肌触りや表面のクッションなど、寝心地の良さで比較してみました。
5.衛生面で比較通気性やダニ、臭い、菌への対策や、清掃方法など、衛生面で比較してみました。
6.耐久性で比較ウレタンフォームの変形など耐久性で比較しました。
7.返金や製品保証で比較お試し期間や返金保証、また製品の保証期間などで比較しました。

上記の7つの項目で、高反発マットレスのモットンとシモンズの比較してみました。知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています

「高反発マットレスのモットン」と「シモンズ」の基本情報

モットンシモンズ コールデンバリュー
総合評価★★★★★ 5.0★★★★☆ 3.5
外観モットンsimmons
価格・シングル:39,800円
・セミダブル:49,800円
・ダブル:59,800円
シングル:176,000円
セミダブル:187,000円
ダブル:209,000円
クイーン:231,000円
キング:330,000円
体圧分散
(反発力)
ソフト:140N、レギュラー:170N、ハード:280Nポケットコイル式 高反発
コイル高6.5インチ 線径1.9mm
表面はウレタンクッション
厚み10cm28cm
衛生面防ダニ表面クッション部抗菌
通気性ウレタンフォームに大きな気泡にて通期良しコイル間による通気性確保
返金保証90日間返金保証2年間の保証
生産国日本日本製
販売会社株式会社グリボー モットンジャパンシモンズ株式会社
住所福岡県福岡市中央区天神3-8-13
Great leapビル303
東京都港区芝4-1-23
三田NNビル24階
電話番号0120-001-4640120-316-066
公式サイトhttps://motton-japan.com/lp/mat/af/b/https://www.simmons.co.jp/mattress
販売会社ホームページhttps://motton-japan.com/https://www.simmons.co.jp/

それでは、次にモットンとシモンズのいろいろな情報を詳しく比較していきましょう!

1.「高反発マットレスのモットン」と「シモンズ」を価格で比較!

まずはモットンとシモンズとの価格を見ていきましょう。高いからいい、というものでもないですし、安かろう悪かろうでもよろしくありませんので、こちらも一指標でしかありません。

※税込み価格モットンシモンズ コールデンバリュー
1枚あたりの価格シングル:39,800円
セミダブル:49,800円
ダブル:59,800円
シングル:176,000円
セミダブル:187,000円
ダブル:209,000円
クイーン:231,000円
キング:330,000円
まとめ買いの価格特になし2枚購入でおおよそ5000円ほどの割引と、枕のプレゼントなどがあります。
配送料無料無料

以上が、モットンとシモンズの価格になります。

以上が、モットンとシモンズの料金になります。モットンに比べてシモンズは3.5倍~4倍ほど高くなっていて、かなり高いと思います。

シモンズのゴールデンバリューはエントリーモデルでして、ほかにもいろいろな商品があります。今回はもっとも売れているエントリーモデルのシモンズのゴールデンバリューにて比較しています。

他の商品のについてはもっと高額なマットレスもありまして、100万円近くするものもあります!

モットン、シモンズ共に複数枚購入や、セット割引などはありませんでした。

2.「高反発マットレスのモットン」と「シモンズ」を厚みや寸法、重量で比較!

こちらではモットンとシモンズの厚みや、各規格における寸法や重量をまとめました。

モットンシモンズ コールデンバリュー
厚み10cm28cm
寸法シングル:97×195cm
セミダブル:120×195cm
ダブル:140×195cm
シングル:97×195cm
セミダブル:120×195cm
ダブル:140×195cm
クイーン:160×195cm
キング:180×195cm
※ロングとして長さ210cmもあります
重量シングル:7.5kg
セミダブル:9.0kg
ダブル:10.7kg

※重量については記載がありませんでした

以上が、モットンとシモンズに関する寸法や重量の一覧となります。

厚みを見ると、モットンの10cmに対して、トゥルースリーパーは2.8倍の28cmとなっています!

これはシモンズのマットレスは基本的にポケットコイルスプリングを弾性材としてい使っている関係で、どうしても厚みはでます。

各サイズにおける寸法は違いがあっても5センチ以内と、こちらはほとんど同じになります。ただし、シモンズにはモットンにはないクイーン、キングサイズの用意がございます。

また、重量に関しては、シモンズは記載がありませんでした。ただ、口コミなどでシングルでも運べないというような書き込みがありますので、それなりに重いものと思います。コイルスプリングが金属なので、仕方がありませんね。

重量がかさむ場合のデメリットとしては、やはり清掃がしにくくなるということです。陰干しもしたくなりますが重くて持てない、ということも。

あとは、重量がかさんでしまうと移動や撤去しにくくなる、でしょうか。重たいので気軽に運べないですし、何より丸めたりすることができませんので片付けが難しくなります。

3.「高反発マットレスのモットン」と「シモンズ」を腰痛対策で比較!

こちらではモットンとシモンズでの腰痛に対するマットレスの構成などを見ていきたいと思います。一般的に高反発(硬い)のほうが腰痛には良いといわれていますが、表層も硬すぎると体が痛くなるなど、いろいろな要素が求められます。

モットンシモンズ コールデンバリュー
構造ウレタンフォーム 1層ポケットコイル式 高反発
コイル高6.5インチ 線径1.9mm
表面は綿のクション+高反発ウレタン(中央ぶのみ2層)
反発力体重に合わせて3種類を用意
140N、170N、280N
表面は綿のクッションと高反発のウレタンがありますが、中心はコイルスプリングによる高弾性になっています。
体圧分散170Nが最適な方の体圧分散体圧分散の試験結果は特にありません
コイルスプリング式のマットレスなので反発力はかなりあります。
寝返りが跳ねるようになるのはからだにとってかなり負荷は減るようです。

体圧分散の結果はモットンは確かに体全体に広がっていると思います。シモンズについては、硬さも含めてデータがほとんど公開されていないようにおもいます。

これだけのデータで結論を出すのは早計かもしれませんが、シモンズのデータがない以上は、腰痛に対してしてはモットンがより効果的なのではないでしょうか。シモンズについては、腰痛に対してのコメントはこれといってあげられていないように思います。

それぞれの構造は以下のようになっています。

マットレスの腰痛対策としては、体全体に体重を受けられるような構造がよいとされています。モットンは高反発の1層ではありますが、その反発力はかなり高く設定されています。モットンは3種類ありますので体重に合わせて選択することをお勧めしています。

モットン

なんといっても、モットンは280Nというかなりの高反発を持っていますので、適用できる体重がかなり重めでも大丈夫というのがモットンの最大の特徴ではないでしょうか!

ただ硬いのが腰痛によい、というわけではありませんが、他のいろいろなウレタンフォーム系のマットレスと比較すると、170Nはかなり硬めなのと、280Nというのはちょっとほかでは見ない値です。

一方、シモンズの構成は高弾性のコイルスプリングを反発層に、表層は綿のクッション層に、高弾性のウレタンフォームにて構成されています。

シモンズ

表層のキルト素材にはその縫い方についても工夫がされているようですね。

他、詳しいデータは公開されていませんので実際に体感するしかないように思います。

4.「高反発マットレスのモットン」と「シモンズ」を寝心地の良さで比較!

こちらは感覚的な部分が大きいのでなかなか難しくはありますが、マットレスの構成などを参考にしていきます。基本的に表層は柔らかいほうが好まれますが、柔らかすぎると体がいたくなるなどもありますので、そのあたりの構成も含めてみていきましょう。

モットンシモンズ コールデンバリュー
構造ウレタンフォーム 1層表層の綿をつかったクッション部はタック・アンド・ジャンプキルトといって、ボリューム感がうまれより体にフィットしやすい加工のようです。

モットンに関しては1層の高反発ウレタンフォームになりますので、ウレタンフォームの肌触りそのものになります。モットンは高反発ウレタンフォームなので、低反発ウレタンフォームや綿クッションのようなふんわりと包まれる感はありません。

一方のシモンズについてはスプリングのしっかりした反発力だけでなく、その表層は綿のクッションと高弾性ウレタンフォーム、しかも、中央部は2重にしての寝心地を考えています。

simons

その表面の綿のクッション部のあみこみはタック・アンド・ジャンプキルトといって、小さなキルティング模様が間隔をあけてちりばめられたものです。縫い留める部分が連続キルトよりも少ないためキルティングにボリューム感が生まれ、優しく体を包みます。

こちらは感覚の部分でもありますし、腰痛と違ってデータでは話ができない部分になるかもしれませんので口コミ記事を見てもらうのがいいかもしれませんね。

5.「高反発マットレスのモットン」と「シモンズ」を衛生面で比較!

マットレスに衛生面はアレルギーなどもありますので、非常に重要な要素となってきます。ダニやカビ、菌などが発生しにくいことが条件となります。

モットンシモンズ コールデンバリュー
通気性通常のウレタンより通気性のよい気泡心材のコイルスプリング層は隙間がかなりありますので、通気性は抜群です
防ダニ、防菌、防臭効果等防ダニ、ほこりが出ない構造特に記述はありません
清掃方法カバーは外して洗濯OK
立てかけて陰干しして湿気などをのがす
掃除機での表面清掃をおこないます

マットレスの衛生面はモットンは頑張っていまして、通気性の面ではシモンズがよくても、総合してモットンが衛生面はよさそうです。

通気性の部分で行きますと、モットンはその構造で通気性が良くなっていますが、シモンズはクッション部分のコイルスプリングの隙間がかなりあり、通気性だけでいえばシモンズがよいと思います。

また、防ダニ、防菌効果については、モットンはその構造で防ダニ加工が施されているようで安全ですね。シモンズについては特に記載がありません。

マットカバーについては両者とも丸洗いができますので、定期的に洗濯しつつ、マットレスを干して湿気を取り除きましょう。ウレタンフォームは湿ったまま使い続けると、復元しなくなってしまいますので注意してください。

6.「高反発マットレスのモットン」と「シモンズ」を耐久性で比較!

マットレスにはどうしても寿命があります。いつかは買い替えが必要になてしまいますが、頻繁にあるようだとコストにかかわってきます。モットンやシモンズの製品耐久性を確認してみました。

モットンシモンズ コールデンバリュー
耐久試験80000回の繰り返し試験 > 復元率96.0%
見かけ密度30.0kg/m3以上

これだけの数値を見るだけではなかなか判断が難しいでしょうか。モットンの実質的な利用としては11年は持つ、という試算になるようです。

見かけ密度については密度が高いほうが耐久性が高いとされています。

シモンズについては、耐久試験等についての記述がありませんでしたが、耐久年数としては10年を目安に、としています。。保証期間は設けられていますので、そちらが目安になるでしょうか。

7.「高反発マットレスのモットン」と「シモンズ」を返金保証や製品保証で比較!

最後に、マットレスは使ってみないわからない、ということもありますのでお試し期間や返金保証がどうなっているか。またマットレスが実際にへ立ったりした場合、何年まで保証してもらえるかをまとめました。

モットンシモンズ コールデンバリュー
返金保証90日間の製品利用の後14日間の返品期間となります。返金期間は設けられていません
製品保証180日間のメールサポート
90日後の交換等は有償対応となります。
耐用年数は10年を目安にとしていますが、保証期間ではありません。

モットンには90日間のトライアル期間があり、その後14日間が返品期間となっています。こちらはマットレスはある程度の期間を使ってみないとわからない、というのがありますので、購入しやすさにつながるものと思います。シモンズには返品期間がありません。

シモンズには保証期間はありません。耐久性といった点では10年としています。ただし、どういったテストでそれがなされているのかについてのデータなどは特にありません。

「高反発マットレスのモットン」をおすすめの方はこんな人!

  • 現状のマットレスの上、もしくは敷物の下に置きたい方。10cmと薄めなのと、単層のウレタンなので、単品よりも重ねたほうがいいかもしれませんね。
  • 腰痛持ちのかたで痛みを軽減したい方。モットンはとにかく高反発がウリです。腰痛には基本的に高反発といわれていますし、体圧分散のテスト結果からも有効だと思います。
  • 体重が重たい方。通常の硬め程度ではへたりや底付きを起こしてしまう場合は、モットン特有の280Nのかなり反発力のあるマットレスがおすすめです。
  • やっぱり実際に長いこと寝てみて試したい方。90日間のお試し期間がありますので、必ず見極められると思います!
  • 耐久性をしっかりと確保したい方。モットンの売りとしてその耐久性がありあります。高反発のウレタンフォームの耐久性を実感しましょう!

高反発マットレス モットンの公式サイトはこちら

「シモンズ」をおすすめの方はこんな人!

  • やはり企業は信用第一!という方。シモンズは全世界に展開している購入寝具メーカーです。製造も日本でやっていますので、とにかくブランドが大事、というかたにも最適です!
  • 腰痛持ちでこれまで対応できかなった方。シモンズはスプリング方式の高反発のマットレスで、腰痛持ちの方がかなり購入しています。最後の砦になるかもしれませんね。
  • 総合的に商品を求めている方。シモンズはベッドの土台から枕、掛布団など、寝具一覧をそろえています。こういった状況でもいろいろお試しできるのはいいことですね!
  • 寝室に高級感が欲しい方。ぱっとみ、やはり高級な感じがします。ホテルを見てもわかる通りです。なので、そういったシチュエーションも含めてシモンズですね。

シモンズ公式サイトはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気のマットレス、「高反発マットレスのモットン」と「シモンズ」の違いを7つご紹介してきました。

シモンズについてはその高級感もあってかホテルでよく使われていますし、ホテルとして寝心地をおたのしみにしてください、という売り文句にするくらいです。また、見た目もヨーロッパ風で高級感があります。

そして最大の違いはなんといってもそのマットレスの構成だと思います。モットンが1層の高反発ウレタンフォームに対して、シモンズは表面は綿のクション+高反発ウレタンで中心部はコイルスプリングとなっています。

どちらが腰痛に対して効果があるかについては、また口コミなどをご覧ください。こちらではマットレスのつくりや思想などの紹介になってきます。

そういったお客様の声として、モットンとシモンズそれぞれの口コミ記事も用意しておりますので、そちらも参考になればと思います。

>>高反発マットレス モットンの口コミをもっと見たい方はこちら
>>シモンズのマットレスの口コミをもっと見たい方はこちら

また当サイト一押しは雲のやすらぎプレミアムにいなっています。雲のやすらぎプレミアムとモットンの比較記事もございますので、そちらも参考になればと思います。

また雲のやすらぎプレミアムとシモンズとの比較記事もございますので、そちらも参考になればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました