雲のやすらぎプレミアムと西川エアーマットレスを7つの項目で比較!

マットレス比較記事

人気のマットレスである「雲のやすらぎプレミアム」と「西川のエアーベッドマットレス」を7つの項目で比較してみました。

今回は、マットレスを購入する際に基本となる「1.価格」「2.寸法や重量」「3.寝心地の良さ」「4.腰痛対策」「5.衛生面」「6.耐久性」「7.返金や製品保証」を徹底比較しています。両社の良いところ悪いところ包む隠さずお伝えしていきます。

これからどちらを買おうか迷っている方の参考になれば幸いです。

「雲のやすらぎプレミアム」と「西川のエアーベッドマットレス」を7つの項目で比較しました!

1.価格で比較各サイズの価格で比較してみました。
2.寸法や重量で比較各サイズの寸法や厚み、重量で比較しました。
3.腰痛対策で比較マットレスの層の構成や硬さや、体圧分散といった腰痛に関係しそうな項目で比較しました。
4.寝心地の良さで比較肌触りや表面のクッションなど、寝心地の良さで比較してみました。
5.衛生面で比較通気性やダニ、臭い、菌への対策や、清掃方法など、衛生面で比較してみました。
6.耐久性で比較ウレタンフォームの変形など耐久性で比較しました。
7.返金や製品保証で比較お試し期間や返金保証、また製品の保証期間などで比較しました。

上記の7つの項目で、雲のやすらぎプレミアムと西川のエアーベッドマットレスの比較してみました。知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています

「雲のやすらぎプレミアム」と「西川のエアーベッドマットレス」の基本情報

雲のやすらぎプレミアムは単一商品ですが、西川のマットレスはいろいろな商品がありますので、ベッドで下敷きのマットレスであり、かつ大谷翔平選手が宣伝をつとめる人気商品であるエアーシリーズ、その中でもエントリーモデルのエアー01ベッドマットレスを比較の対象としました。

雲のやすらぎプレミアム西川エアー01ベッドマットレス
総合評価★★★★★ 5.0★★★★☆ 3.5
外観雲のやすらぎ西川
価格シングル:39,800円
セミダブル:49,800円
ダブル:59,800円
シングル:77,000円
セミダブル:99,000円
ダブル:121,000円
体圧分散
(反発力)
150N上層:凹凸体圧分散
ベース層:ウレタン
BASIC、HARDの2種類
厚み17cm14cm
衛生面防ダニ・防菌・防臭軽量のためお手入れ簡単
通気性マイティトップ使用
通気性が良い
上下左右に貫通した通気孔あり
返金保証返金保証100日3年保証付き
生産国日本日本製
販売会社一番星/株式会社イッティ株式会社西川
住所東京都 渋谷区渋谷2-14-18
あいおいニッセイ同和損保渋谷ビル8F
東京都中央区日本橋富沢町8-8
電話番号0120- 97- 487503-3664-3964
公式サイトhttps://shop.ichiban-boshi.com/https://shop.nishikawa1566.com/
shop/default.aspx
販売会社ホームページhttps://itty.co.jp/https://shop.nishikawa1566.com/
shop/default.aspx

つlそれでは、次に雲のやすらぎプレミアムとシモンズのいろいろな情報を詳しく比較していきましょう!

1.「雲のやすらぎプレミアム」と「西川のエアーベッドマットレス」を価格で比較!

※税込み価格雲のやすらぎプレミアム西川エアー01ベッドマットレス
1枚あたりの価格シングル:39,800円
セミダブル:49,800円
ダブル:59,800円
シングル:77,000円
セミダブル:99,000円
ダブル:121,000円
まとめ買いの価格・シーツとのセット:2,000円OFF
・枕との2点セット:最大11,800円OFF
・枕と掛布団3点セット:最大18,300円OFF
ドライシート(マットレスの上に敷くシート)とのセット販売などあります
配送料無料無料

以上が、雲のやすらぎプレミアムと西川のエアーベッドマットレス01の価格になります。

正直なところ、雲のやすらぎプレミアムの価格に比べて西川のエアーベッドマットレスは2倍近くのお値段がします。正直、ちょっと高いかなぁ、と思いますね。

ただし!エアーシリーズはいろいろなバージョンがありまして、こちらは一番安いものとなっています。

大谷翔平選手が使っているであろうエアーは、おそらく20万円ちかいフラッグシップだともいます!

セットなどの割引については、雲のやすらぎプレミアムは枕やシーツなど、いろいろなセットがありまして、そちらで割引も行っています。西川のエアーベッドマットレスには割引価格などみあたりませんでした。

また、雲のやすらぎプレミアムでは春のキャンペーンなどではかなりの割引が適用されることもありますので、キャンペーンをお見逃しなく!

雲のやすらぎ

2.「雲のやすらぎプレミアム」と「西川のエアーベッドマットレス」を厚みや寸法、重量で比較!

こちらでは雲のやすらぎプレミアムと西川のエアーベッドマットレスの厚みや、各規格における寸法や重量をまとめました。厚みの違いもありますしや重さといった要因は、設置や片付けや清掃の際の作業性などに大きくかかわってくるので、重要な要素になってきます。

雲のやすらぎプレミアム西川エアー01ベッドマットレス
厚み17cm14cm
寸法シングル:100×200cm
セミダブル:120×200cm
ダブル:140×200cm
シングル:97×195cm
セミダブル:120×195cm
ダブル:140×195cm
重量シングル:4.7kg
セミダブル:8.1kg
ダブル:9.4kg
シングル:8.0kg
セミダブル:9.9kg
ダブル:11.4kg

以上が、雲のやすらぎプレミアムと西川のエアーベッドマットレスに関する寸法や重量の一覧となります。

厚みを見ると、雲のやすらぎプレミアムの17cmはかなり厚みがあると思いますが西川のエアーベッドマットレスも14cmとそれなりに厚みのある構成となります。

雲のやすらぎプレミアムも、西川エアーもその機能に合わせた層状のウレタンフォームをになっていますので、ある程度の厚みを持っています。

各サイズにおける寸法、こちらはほとんどど同じになります。規格ですからね。西川のマットレスはこちらには載ってない幅の狭いシングルもあります。

また、重量に関しては、大きいサイズほどあまり差がありませんが、雲のやすらぎプレミアムも西川のエアーも、清掃時などあまり苦にならない重量だと思います。

重量については重いと設置やメンテナンス時の移動などで不便だったりしますので、重量はちょっと気を付けたほうがよいかと思います。

3.「雲のやすらぎプレミアム」と「西川のエアーベッドマットレス」を腰痛対策で比較!

こちらでは雲のやすらぎプレミアムと西川のエアーベッドマットレスでの腰痛に対するマットレスの構成などを見ていきたいと思います。一般的に高反発(硬い)のほうが腰痛には良いといわれていますが、表層も硬すぎると体が痛くなるなど、いろいろな要素が求められます。

雲のやすらぎプレミアム西川エアー01ベッドマットレス
構造表層ダウンとウレタンフォームの5層構造
裏表表層:ロレーヌダウン(フランス羊毛)、マイティトップ
2層、4層:凹凸アルファマット
3層(中心):高反発スプリングマット
3層構造
上層:凹凸体圧分散
ベース層:ウレタン
BASIC、HARDの2種類
反発力2,4層の凹凸アルファマットが分散させながら、中心の高反発層がしっかりと体を支える表面は凹凸のあるウレタンフォームで、その凹凸の間にも別の層があるという凝りようです。
体圧分散雲のやすらぎプレミアムとして改良
雲のやすらぎ
 

体圧分散の結果は雲のやすらぎプレミアムは確かに体全体に広がっていると思います。若干西川のエアーより足の部分も含めて、広がっているでしょうか。

これだけのデータで結論を出すのは早計かもしれませんが、腰痛に対してしては雲のやすらぎプレミアムがより効果的なのではないでしょうか。西川のエアーベッドマットレスについても、アスリートが好むような腰痛に対してのケアもされているように思います。

雲のやすらぎプレミアムの構造と指定は、表層のフランス羊毛をつかったふかふかした寝心地の良い層と、2層目が凹凸のあるウレタンフォームでより分散するように体重を受け、中間層の高反発ウレタンマットレスでしっかりと体をささえ、かつ、その下に来る凹凸のウレタンマットがより均等に分散となっています。

クッション性と、体を支える硬さのバランスにかなり注力した設計思想です。

雲のやすらぎ

こちらの構成が理想的な体圧分散を生み出します! 口コミでも包まれる感があるという意見もありますし、しっかりと支えられている、という両方の意見があるのでよくわかります。

一方、西川のエアーベッドマットレスの構成はまたちょっと複雑で、表面の凹凸のあるウレタンの突起が体圧を分散させつつ、心材は高反発でしっかりさえる、という構造です。

西川エアー

この突起部でさえも層にわかれているかなり細かい加工が施されています。こちらが雲のやすらぎプレミアムの2倍ほどのお値段にもつながってくるのでしょう。

また、西川のエアー01については体重によってベーシックかハードのものかを選択するようになっています。

西川エアー

なので、体重が重い方でも対応していることがわかります!

4.「雲のやすらぎプレミアム」と「西川のエアーベッドマットレス」を寝心地の良さで比較!

こちらは感覚的な部分が大きいのでなかなか難しくはありますが、マットレスの構成などを参考にしていきます。基本的に表層は柔らかいほうが好まれますが、柔らかすぎると体がいたくなるなどもありますので、そのあたりの構成も含めてみていきましょう。

雲のやすらぎプレミアム西川エアー01ベッドマットレス
構造5層構造の表層がふわりとした感触
裏表表層:ロレーヌダウン(フランス羊毛)、マイティトップⅡad ECO
表層の綿をつかったクッション部はタック・アンド・ジャンプキルトといって、ボリューム感がうまれより体にフィットしやすい加工のようです。

雲のやすらぎプレミアムと西川のエアーベッドマットレスではその寝心地にかかわる表層部分も結構違っています。

雲のやすらぎには裏表とも肌触りを考慮した素材を用いており、季節によって使い分けることで、より寝心地を快適にします。

雲のやすらぎ

ロレーヌダウン(フランス羊毛)は秋冬用として、睡眠時に下がる体温を補完し、湿気をとおす特徴があります。もう片面のマイティトップ春夏用として。雲のやすらぎプレミアムはふんわりと包み込まれるような感触をのこしっつつ、中間層でしっかりと体を支える理想的なマットレス構成となっています!

マイティトップⅡad ECOとは、帝人ファイバーが開発した防ダニ、防菌、防臭の中綿になりますので、衛生面でも安心です。

一方の西川のエアーベッドマットレスについては表面上の肌触りなどを前面にはだしていません。セットで販売するドライシートについては割引などもありますので、こいうった別商品で寝心地はかいぜんされるのでしょう。

こちらは感覚の部分でもありますし、腰痛と違ってデータでは話ができない部分になるかもしれませんので口コミ記事を見てもらうのがいいかもしれませんね。

5.「雲のやすらぎプレミアム」と「西川のエアーベッドマットレス」を衛生面で比較!

マットレスに衛生面はアレルギーなどもありますので、非常に重要な要素となってきます。ダニやカビ、菌などが発生しにくいことが条件となりますが、その要素として通気性は大きな要因になります。

雲のやすらぎプレミアム西川エアー01ベッドマットレス
通気性表層が通気性の良い素材
2層、4層目の凹凸のあるウレタンフォームが通気性を確保
表面の凹凸が空気を逃がしてくれます
防ダニ、防菌、防臭効果等マイティトップⅡad ECOは防ダニ、防菌、防臭あり特に記述はありません
清掃方法カバーは外せて丸洗いOK
マットレスは天気の良い日に天日干ししてください
定期的に日陰干しをするとよいです

マットレスの衛生面は雲のやすらぎプレミアムは頑張っています。総合して雲のやすらぎプレミアムが衛生面はよさそうです。

通気性の部分で行きますと、雲のやすらぎプレミアムは表層や、中間層で構造的に空気が通る構造となっていますが、西川のエアーベッドマットレスは表層の凹凸部分が空気を逃がしてくれます。

また、防ダニ、防菌効果については、雲のやすらぎプレミアムは表層に加工が施されているようで安全ですね。西川エアーについては特に記載がありません。

マットカバーについては両者とも丸洗いができますので、定期的に洗濯しつつ、マットレスを干して湿気を取り除きましょう。ウレタンフォームは湿ったまま使い続けると、復元しなくなってしまいますので注意してください。

6.「雲のやすらぎプレミアム」と「西川のエアーベッドマットレス」を耐久性で比較!

マットレスにはどうしても寿命があります。いつかは買い替えが必要になてしまいますが、頻繁にあるようだとコストにかかわってきます。雲のやすらぎプレミアムや西川のエアーベッドマットレスの製品耐久性を確認してみました。

雲のやすらぎプレミアム西川エアー01ベッドマットレス
耐久試験80000回繰り返し試験 復元率99.9%
圧縮弾性試験 復元率100%
見かけ密度35D

雲のやすらぎプレミアムを考えますと、80000回試験後の復元率はかなり高いです。また見かけ密度もよりたかくなっていますので、理論的には10年以上はクリアするものと思われます。

見かけ密度については密度が高いほうが耐久性が高いとされています。

ただし、雲のやすらぎプレミアムは中心の層は良いとしても、他の層、特に、凹凸アルファマットの凹凸がどう変化するかがちょっと気になります

西川のマットレスについては、耐久試験等についての記述がありませんでした。保証期間は設けられていますので、そちらが目安になるでしょうか。

7.「雲のやすらぎプレミアム」と「西川のエアーベッドマットレス」を返金保証や製品保証で比較!

最後に、マットレスは使ってみないわからない、ということもありますのでお試し期間や返金保証がどうなっているか。またマットレスが実際にへたったりした場合、何年まで保証してもらえるかをまとめました。

雲のやすらぎプレミアム西川エアー01ベッドマットレス
返金保証100日間の利用とその後15日間が返品期間になります。
初めての購入、公式サイトからの購入に限ります
返金期間は設けられていません
製品保証100日後の交換等は有償対応となります。3年保証がついています

雲のやすらぎプレミアムはお試し可能な返品期間を設けています。日数こそ違いますが、雲のやすらぎプレミアムとずは100日は使うことが必須です。西川のマットレスには返品期間がありません。

雲のやすらぎプレミアムの100日使用が前提というのは、マットレスを使って体がなじむまでに時間がかかることが理由になっています。3ヵ月使い続けてやっぱりあわないな、となったときに返品対応しましょう、ということです。

また、雲のやすらぎプレミアムは製品保証としては設けておらず、返品保証期間がおわりますと雲のやすらぎプレミアムは有償対応となってきますので、注意してください。

西川エアーについては3年間の保証期間があります。ただし、どういったテストでそれがなされているのかについてのデータなどは特にありません。

「雲のやすらぎプレミアム」をおすすめの方はこんな人!

  • 腰痛に悩んでおり、痛みを軽減したい方。5層構造のマットレスによる体圧分散は、単にウレタンフォームの反発力だけでなく、その構造からも来ています。
  • 腰痛対策も必要ですが、寝心地にもこだわりたい!という方。裏表の表層には季節に合わせたふんわり素材を用いていますので、腰痛対策だけでなく、寝心地も最高です!
  • ウレタンマットでも通気性を求めたい方。表層素材の通気性と、2,4層の凹凸構造からくる通気性でマットレスの衛生面も不安なしです!
  • アレルギーが心配な方。通気性もありますが、カバーが丸洗いでき切るのと、日干しもできますし、防ダニ、防菌、防臭加工の新素材の表層が衛生面をかなり高めています。
  • セット販売でよりお得に購入したい方。雲のやすらぎプレミアムでは、枕や掛布団などのセットもかなりお得に販売しております。加えて季節ごとのキャンペーンもありますのでお見逃しなく!

\公式サイトでセット販売40%OFF!/雲のやすらぎプレミアムの公式サイトはこちら

「西川のエアーベッドマットレス」をおすすめの方はこんな人!

  • やはり企業は信用第一!という方。西川は寝具メーカーとしてかなりの老舗ですし、日本のメーカーなので日本人をよく知っているともいます!
  • 硬めのマットレスを求めている方。西川のマットレスのバリエーションはかなりありますし、その中でもウレタン系ではかなり硬めのものもあります。
  • 寝具をシリーズでそろえたい方。西川は老舗の寝具メーカーですので、枕も含めていろいろな商品を取り揃えています!

\大谷翔平も使っている西川マットレス「エアー」/西川の公式サイトはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気のマットレス、「雲のやすらぎプレミアム」と「西川のエアーベッドマットレス」の違いを7つご紹介してきました。

西川のエアーベッドマットレスについてはその高級感もあってかホテルでよく使われていますし、ホテルとして寝心地をおたのしみにしてください、という売り文句にするくらいです。また、見た目もヨーロッパ風で高級感があります。

また、雲のやすらぎプレミアムはそれほど知られてはいませんが、ネットでマットレスを調べると必ずと言っていいほど出てくるマットレスになります。

それだけ寝心地と腰痛に対しての評判がよく、また最近はさらに機能も改善されたようですので、期待が持てますね。

雲のやすらぎプレミアムのコンセプトは変わらず、表面のふかふかとした肌触りと、支持層のしっかりとした反発力で寝心地と腰痛対策の両立を図ったマットレスになります。

雲のやすらぎプレミアムと、西川のその他のマットレスの口コミも参考になればと思います。

>>雲のやすらぎプレミアムの口コミはこちら
>>西川のマットレスの口コミはこちら

また、当サイト一押しでもある雲のやすらぎプレミアムとモットンとの比較記事もありますので、そちら門酒匂になればと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました