高反発マットレス モットンとトゥルースリーパーを7つの項目で比較!

モットン トゥルースリーパー マットレス比較記事

人気のマットレスである「高反発マットレスのモットン」と「トゥルースリーパー」を7つの項目で比較してみました。

今回は、マットレスを購入する際に基本となる「1.価格」「2.寸法や重量」「3.寝心地の良さ」「4.腰痛対策」「5.衛生面」「6.耐久性」「7.返金や製品保証」を徹底比較しています。両社の良いところ悪いところ包む隠さずお伝えしていきます。

これからどちらを買おうか迷っている方の参考になれば幸いです。

「高反発マットレスのモットン」と「トゥルースリーパー」を7つの項目で比較しました!

1.価格で比較各サイズの価格で比較してみました。
2.寸法や重量で比較各サイズの寸法や厚み、重量で比較しました。
3.腰痛対策で比較マットレスの層の構成や硬さや、体圧分散といった腰痛に関係しそうな項目で比較しました。
4.寝心地の良さで比較肌触りや表面のクッションなど、寝心地の良さで比較してみました。
5.衛生面で比較通気性やダニ、臭い、菌への対策や、清掃方法など、衛生面で比較してみました。
6.耐久性で比較ウレタンフォームの変形など耐久性で比較しました。
7.返金や製品保証で比較お試し期間や返金保証、また製品の保証期間などで比較しました。

上記の7つの項目で、高反発マットレスのモットンとトゥルースリーパーの比較してみました。知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています

「高反発マットレスのモットン」と「トゥルースリーパー」の基本情報

モットントゥルースリーパー プレミアベッド
総合評価★★★★★ 5.0★★★★☆ 4.0
外観モットントゥルースリーパー
価格・シングル:39,800円
・セミダブル:49,800円
・ダブル:59,800円
シングル:67,000円
セミダブル:84,000円
ダブル:101,000円
クイーン:118,000円
体圧分散
(反発力)
ソフト:140N、レギュラー:170N、ハード:280N上部:3ブロック 表裏で高反発、低反発を組み合わせる
下部:高反発
厚み10cm15cm
衛生面防ダニカバーのみ抗菌仕様
通気性ウレタンフォームに大きな気泡にて通期良し下部の波型による通気性確保
返金保証90日間返金保証60日間返金保証 1年間の交換保証
生産国日本本体:日本製、外装:中国製
販売会社株式会社グリボー モットンジャパンショップジャパン
株式会社 オークローンマーケティング
住所福岡県福岡市中央区天神3-8-13
Great leapビル303
愛知県名古屋市東区東桜1-13-3
NHK名古屋放送センタービル14F
電話番号0120-001-4640120-060-963
公式サイトhttps://motton-japan.com/lp/mat/af/b/https://www.shopjapan.co.jp/
series/truesleeper/
販売会社ホームページhttps://motton-japan.com/https://www.oaklawn.co.jp/

それでは、次にモットンとトゥルースリーパーのいろいろな情報を詳しく比較していきましょう!

1.「高反発マットレスのモットン」と「トゥルースリーパー」を価格で比較!

まずはモットンとトゥルースリーパーとの価格を見ていきましょう。高いからいい、というものでもないですし、安かろう悪かろうでもよろしくありませんので、こちらも一指標でしかありません。

※税込み価格モットントゥルースリーパー プレミアベッド
1枚あたりの価格シングル:39,800円
セミダブル:49,800円
ダブル:59,800円
シングル:67,000円
セミダブル:84,000円
ダブル:101,000円
クイーン:118,000円
まとめ買いの価格特になし2枚購入でおおよそ6000円以上の割引と、掛布団のプレゼントなどがあります。
配送料無料無料

以上が、モットンとトゥルースリーパーの価格になります。

以上が、モットンとトゥルースリーパーの料金になります。モットンに比べてトゥルースリーパーは約2万7千~5万1千円ほど高くなっています。

トゥルースリーパーはプレミアベッドマットレス以外にオーバーレイ、もしくはトッパーといわれる薄手の現状のマットレスの上に敷くものから、ベッドの下敷きになるものまでいろいろあります。価格帯も比較的購入しやすい価格が多くなっています。

モットンは複数枚購入や、セット割引などはありません。トゥルースリーパーは2枚購入で割引やプレゼントなどもあります

2.「高反発マットレスのモットン」と「トゥルースリーパー」を厚みや寸法、重量で比較!

こちらではモットンとトゥルースリーパーの厚みや、各規格における寸法や重量をまとめました。

モットントゥルースリーパー プレミアベッド
厚み10cm15cm
寸法シングル:97×195cm
セミダブル:120×195cm
ダブル:140×195cm
シングル:100×200cm
セミダブル:120×200cm
ダブル:140×200cm
クイーン:160×200cm
重量シングル:7.5kg
セミダブル:9.0kg
ダブル:10.7kg
シングル:12.5kg
セミダブル:15kg
ダブル:17.5kg
クイーン:20kg

以上が、モットンとトゥルースリーパーに関する寸法や重量の一覧となります。

厚みを見ると、モットンの10cmに対して、トゥルースリーパーは1.5倍の15cmとなっています!

各サイズにおける寸法は違いがあっても5センチ以内と、こちらはほとんど同じになります。ただし、トゥルースリーパーにはモットンにはないクイーンサイズの用意がございます。

また、重量に関しては、トゥルースリーパーはモットンの1.6倍ほどあります。モットンに比べ厚みがあるので、重量に関しては仕方ないかもしれませんね。

重量については重いと設置やメンテナンス時の移動などで不便だったりします。トゥルースリーパーのクイーンサイズの20kgともなると、ちょっと一人では難しいかもしれませんね。

3.「高反発マットレスのモットン」と「トゥルースリーパー」を腰痛対策で比較!

こちらではモットンとトゥルースリーパーでの腰痛に対するマットレスの構成などを見ていきたいと思います。一般的に高反発(硬い)のほうが腰痛には良いといわれていますが、表層も硬すぎると体が痛くなるなど、いろいろな要素が求められます。

モットントゥルースリーパー プレミアベッド
構造ウレタンフォーム 1層上面は3ブロックに分かれ表裏で低反発、高反発の組み合わせで入れ替え可能です。
その下層に支えの層があり、合計5層からなっています。
反発力体重に合わせて3種類を用意
140N、170N、280N
上層がリバーシブルで、低反発と高反発のウレタンフォームとなっています。3ブロックで好きな硬さに選べます
体圧分散170Nが最適な方の体圧分散雲のやすらぎプレミアム トゥルースリーパー

体圧分散の結果を見ると、モットンとトゥルースリーパーは同等に思います。これだけのデータで結論を出すのは早計かもしれませんが、理論上、腰痛に対してしてはモットンもトゥルースリーパーも同じような効果ということになります。

それぞれの構造は以下のようになっています。

マットレスの腰痛対策としては、体全体に体重を受けられるような構造がよいとされています。モットンは高反発の1層ではありますが、その反発力はかなり高く設定されています。モットンは3種類ありますので体重に合わせて選択することをお勧めしています。

モットン

なんといっても、モットンは280Nというかなりの高反発を持っていますので、適用できる体重がかなり重めでも大丈夫というのがモットンの最大の特徴ではないでしょうか!

ただ硬いのが腰痛によい、というわけではありませんが、他のいろいろなウレタンフォーム系のマットレスと比較すると、170Nはかなり硬めなのと、280Nというのはちょっとほかでは見ない値です。

一方、トゥルースリーパーの構成は、表層が低反発と高反発を3ブロックで入れ替えができるため、それぞれの好みに合った組み合わせを作ることができるので、データにない腰痛対策もできるかもしれませんね。

トゥルースリーパー

これらのブロックの裏表をお好みに応じて組み合わせることで、その人に最適なマットレスの硬さを実現します。

トゥルースリーパーは店舗もたくさんありますので、実査に見ることもできると思います!

4.「高反発マットレスのモットン」と「トゥルースリーパー」を寝心地の良さで比較!

こちらは感覚的な部分が大きいのでなかなか難しくはありますが、マットレスの構成などを参考にしていきます。基本的に表層は柔らかいほうが好まれますが、柔らかすぎると体がいたくなるなどもありますので、そのあたりの構成も含めてみていきましょう。

モットントゥルースリーパー プレミアベッド
構造ウレタンフォーム 1層リバーシブルの表層部は低反発層もあるので、上半身や足元は低反発での対応も可能です。

モットンに関しては1層の高反発ウレタンフォームになりますので、ウレタンフォームの肌触りそのものになります。モットンは高反発ウレタンフォームなので、低反発ウレタンフォームや綿クッションのようなふんわりと包まれる感はありません。

一方のトゥルースリーパーはリバーシブルの層とは別に、その上面に一枚マットレスがあります。こちらが寝心地にかかわってくる部分になります。

トゥルースリーパー

また、カバーも当然かかわってくるわけですが、それらについての情報については詳しい記述はありませんでした。

こちらは感覚の部分でもありますし、腰痛と違ってデータでは話ができない部分になるかもしれませんので口コミ記事を見てもらうのがいいかもしれませんね。

5.「高反発マットレスのモットン」と「トゥルースリーパー」を衛生面で比較!

マットレスに衛生面はアレルギーなどもありますので、非常に重要な要素となってきます。ダニやカビ、菌などが発生しにくいことが条件となります。

モットントゥルースリーパー プレミアベッド
通気性通常のウレタンより通気性のよい気泡合計5層のウレタンフォームですが、通気性については特に記述はありません。
防ダニ、防菌、防臭効果等防ダニ、ほこりが出ない構造カバーについては防菌、防ダニ加工がされています。
清掃方法カバーは外して洗濯OK
立てかけて陰干しして湿気などをのがす
カバーは外せて丸洗いOK
マットレスは陰干ししてください

マットレスの衛生面はモットンもトゥルースリーパーも頑張っていまが、通気性の面でモットンがよさそうです。

通気性の部分で行きますと、モットンはその構造で通気性が良くなっていますが、トゥルースリーパーは特に記述がありません。

また、防ダニ、防菌効果については、モットンはその構造で、トゥルースリーパーは表層に防菌、防ダニ加工が施されているようで安全ですね。

マットカバーについては両者とも丸洗いができますので、定期的に洗濯しつつ、マットレスを干して湿気を取り除きましょう。ウレタンフォームは湿ったまま使い続けると、復元しなくなってしまいますので注意してください。

6.「高反発マットレスのモットン」と「トゥルースリーパー」を耐久性で比較!

マットレスにはどうしても寿命があります。いつかは買い替えが必要になてしまいますが、頻繁にあるようだとコストにかかわってきます。モットンやトゥルースリーパーの製品耐久性を確認してみました。

モットントゥルースリーパー プレミアベッド
耐久試験80000回の繰り返し試験 > 復元率96.0%
見かけ密度30.0kg/m3以上

これだけの数値を見るだけではなかなか判断が難しいでしょうか。モットンの実質的な利用としては11年は持つ、という試算になるようです。

見かけ密度については密度が高いほうが耐久性が高いとされています。

トゥルースリーパーについては、耐久試験等についての記述がありませんでした。保証期間は設けられていますので、そちらが目安になるでしょうか。

7.「高反発マットレスのモットン」と「トゥルースリーパー」を返金保証や製品保証で比較!

最後に、マットレスは使ってみないわからない、ということもありますのでお試し期間や返金保証がどうなっているか。またマットレスが実際にへ立ったりした場合、何年まで保証してもらえるかをまとめました。

モットントゥルースリーパー プレミアベッド
返金保証90日間の製品利用の後14日間の返品期間となります。60日間の返金保証があります
送料はお客様持ちとなります
製品保証180日間のメールサポート
90日後の交換等は有償対応となります。
3年間の製品保証となります

モットンには90日間のトライアル期間があり、その後14日間が返品期間となっています。こちらはマットレスはある程度の期間を使ってみないとわからない、というのがありますので、購入しやすさにつながるものと思います。トゥルースリーパーは60日間以内の返送にて返金がされます。

トゥルースリーパーは3年の製品保証を付けています

「高反発マットレスのモットン」をおすすめの方はこんな人!

  • 現状のマットレスの上、もしくは敷物の下に置きたい方。10cmと薄めなのと、単層のウレタンなので、単品よりも重ねたほうがいいかもしれませんね。
  • 腰痛持ちのかたで痛みを軽減したい方。モットンはとにかく高反発がウリです。腰痛には基本的に高反発といわれていますし、体圧分散のテスト結果からも有効だと思います。
  • 体重が重たい方。通常の硬め程度ではへたりや底付きを起こしてしまう場合は、モットン特有の280Nのかなり反発力のあるマットレスがおすすめです。
  • やっぱり実際に長いこと寝てみて試したい方。90日間のお試し期間がありますので、必ず見極められると思います!
  • 耐久性をしっかりと確保したい方。モットンの売りとしてその耐久性がありあります。高反発のウレタンフォームの耐久性を実感しましょう!

高反発マットレス モットンの公式サイトはこちら

「トゥルースリーパー」をおすすめの方はこんな人!

  • やはり企業は信用第一!という方。トゥルースリーパーは日本のマットレスの検索がトップの商品です。また、店舗もたくさんありますので、実際にお話を伺うことも可能かと思います!
  • やっぱり一回実物を見てから、と思う方。トゥルースリーパーはものすごい数の店舗がありますので、そちらでお試しください!
  • 使いこなすまで返品、返金が保証されていた方がいいかた。やはり一日やそこらではわかりませんので、しっかりと評価しても60日間の返品保証があるので、ばっちりです。
  • 総合的に商品を求めている方。トゥルースリーパーはトッパー、機材、枕、掛布団など、寝具一覧をそろえています。こういった状況でもいろいろお試しできるのはいいことですね!
  • 硬さのカスタマイズをしたい方。プレミアベッドマットレスは、3分割で裏表で硬さのことなるウレタンを使っています。一番寝心地によい形状にアレンジしてみてください!

トゥルースリーパー公式サイトはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気のマットレス、「高反発マットレスのモットン」と「トゥルースリーパー」の違いを7つご紹介してきました。

トゥルースリーパーについてはその販売が店舗であったり、TVショッピングがメインとなっています。モットンはネットのみとなりますので、そのあたりがお値段に反映されているともいます。

また、知名度でいうとさすがはテレビでやっているだけにトゥルースリーパーはかなりあります。

上面は3ブロックに分かれ表裏で低反発、高反発の組み合わせで入れ替え可能です。
その下層に支えの層があり、合計5層からなっています。

そして最大の違いはなんといってもそのマットレスの構成だと思います。モットンが1層の高反発ウレタンフォームに対して、トゥルースリーパーは3ブロックに分かれ入れ替えのできる上面とその下層の合計5層となっています。

どちらが腰痛に対して効果があるかについては、また口コミなどをご覧ください。こちらではマットレスのつくりや思想などの紹介になってきます。

そういったお客様の声として、モットンとトゥルースリーパーそれぞれの口コミ記事も用意しておりますので、そちらも参考になればと思います。

>>高反発マットレス モットンの口コミはこちら
>>ショップジャパン トゥルースリーパーの口コミはこちら

また当サイト一押し雲のやすらぎプレミアムになります。その次がモットンとなっていますが、雲のやすらぎプレミアムとモットンの比較記事もございますので、そちらも参考になればと思います。

もちろん、雲のやすらぎプレミアムとトゥルースリーパーの比較記事もご覧いただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました