高反発マットレス モットンとコアラマットレスを7つの項目で比較!

モットン コアラマットレス マットレス比較記事

EMま人気のマットレスである「高反発マットレスのモットン」と「コアラ(koala)マットレス」を7つの項目で比較してみました。

今回は、マットレスを購入する際に基本となる「1.価格」「2.寸法や重量」「3.寝心地の良さ」「4.腰痛対策」「5.衛生面」「6.耐久性」「7.返金や製品保証」を徹底比較しています。両社の良いところ悪いところ包む隠さずお伝えしていきます。

これからどちらを買おうか迷っている方の参考になれば幸いです。

「高反発マットレスのモットン」と「コアラ(koala)マットレス」を7つの項目で比較しました!

1.価格で比較各サイズの価格で比較してみました。
2.寸法や重量で比較各サイズの寸法や厚み、重量で比較しました。
3.腰痛対策で比較マットレスの層の構成や硬さや、体圧分散といった腰痛に関係しそうな項目で比較しました。
4.寝心地の良さで比較肌触りや表面のクッションなど、寝心地の良さで比較してみました。
5.衛生面で比較通気性やダニ、臭い、菌への対策や、清掃方法など、衛生面で比較してみました。
6.耐久性で比較ウレタンフォームの変形など耐久性で比較しました。
7.返金や製品保証で比較お試し期間や返金保証、また製品の保証期間などで比較しました。

上記の7つの項目で、高反発マットレスのモットンとコアラ(koala)マットレスの比較してみました。知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています

「高反発マットレスのモットン」と「コアラ(koala)マットレス」の基本情報

モットンオリジナルコアラマットレス
総合評価★★★★★ 5.0★★★★☆ 4.0
外観モットンkoara
価格・シングル:39,800円
・セミダブル:49,800円
・ダブル:59,800円
・シングル:69,200円
・セミダブル:78,200円
・ダブル:88,200円
・クイーン:99,000円
体圧分散
(反発力)
ソフト:140N、レギュラー:170N、ハード:280N上層:低反発、高反発を合わせたクラウドセル
下層:ゼロ・ディスターバンス技術を採用。密度が高いウレタンフォーム
厚み10cm21cm
衛生面防ダニカバーの洗濯可
マットレスは中性洗剤での清掃可
通気性ウレタンフォームに大きな気泡にて通期良し上層のクラウドセルは通気性良し
返金保証90日間返金保証120日間のお試し、10年保証付き
生産国日本中国
販売会社株式会社グリボー モットンジャパンKoala Sleep Japan 株式会社
住所福岡県福岡市中央区天神3-8-13
Great leapビル303
東京都渋谷区神宮前5丁目43番7号
表参道ART WORKS
電話番号0120-001-464050-3199-1554
公式サイトhttps://motton-japan.com/lp/mat/af/b/amazon公式サイト
販売会社ホームページhttps://motton-japan.com/https://koala.com/ja-jp

それでは、次にモットンとコアラ(koala)マットレスのいろいろな情報を詳しく比較していきましょう!

1.「高反発マットレスのモットン」と「コアラ(koala)マットレス」を価格で比較!

まずはモットンとコアラ(koala)マットレスとの価格を見ていきましょう。高いからいい、というものでもないですし、安かろう悪かろうでもよろしくありませんので、こちらも一指標でしかありません。

※税込み価格モットンオリジナルコアラマットレス
1枚あたりの価格・シングル:39,800円
・セミダブル:49,800円
・ダブル:59,800円
・シングル:69,200円
・セミダブル:78,200円
・ダブル:88,200円
・クイーン:99,000円
まとめ買いの価格特になし枕とのセット価格が4,800円お得です!
配送料無料無料

以上が、モットンとコアラ(koala)マットレスの価格になります。

モットンに比べてコアラ(koala)マットレスは2倍近い価格になっています。モットンとコアラマットレスの厚みも2倍となりますので、そのあたりのか価格も含めて、妥当なのか、高すぎるのかを見ていきたいと思います。

コアラマットレス

モットンは複数枚購入や、セット割引などはありませんが、コアラ(koala)マットレスではフレームや枕とのセット販売など、いくつかのセット割引もありますので、この機会に購入してみては?

2.「高反発マットレスのモットン」と「コアラ(koala)アマットレス」を厚みや寸法、重量で比較!

こちらではモットンとコアラ(koala)マットレスの厚みや、各規格における寸法や重量をまとめました。厚みの違いもありますし、より厚いコアラ(koala)マットレスのほうが重量が軽い、ということもありますので、参考になればと思います。

モットンオリジナルコアラマットレス
厚み10cm6cm
寸法シングル:97×195cm
セミダブル:120×195cm
ダブル:140×195cm
シングル:97×195cm
セミダブル:120×195cm
ダブル:140×195cm
クイーン:160×195cm
重量シングル:7.5kg
セミダブル:9.0kg
ダブル:10.7kg
シングル:16kg
セミダブル:20kg
ダブル:23kg
クイーン:26kg

以上が、モットンとコアラ(koala)マットレスに関する寸法や重量の一覧となります。

厚みを見ると、モットンの10cmに対して、コアラ(koala)マットレスは倍以上の21cmとなっています!

各サイズにおける寸法は同じになります。規格ですからね。また、コアラ(koala)マットレスにはモットンにはないクイーンサイズまでラインナップがあります。

また重量に関してはコアラ(koala)マットレスはその厚みからわかるように、倍以上の重さがあります。同じウレタンフォームなので厚みによって重さが変わるのは当然、でしょう。

重量がかさむ場合のデメリットとしては、やはり清掃がしにくくなるということです。陰干しもしたくなりますが重くて持てない、ということも。

あとは、重量がかさんでしまうと移動や撤去しにくくなる、でしょうか。重たいので気軽に運べないですし、何より丸めたりすることができませんので片付けが難しくなります。

コアラ(koala)マットレスは陰干しや設置などの移動にしても、ちょっと大変かもしれませんね。

3.「高反発マットレスのモットン」と「コアラ(koala)マットレス」を腰痛対策で比較!

こちらではモットンとコアラ(koala)マットレスでの腰痛に対するマットレスの構成などを見ていきたいと思います。一般的に高反発(硬い)のほうが腰痛には良いといわれていますが、表層も硬すぎると体が痛くなるなど、いろいろな要素が求められます。

モットンオリジナルコアラマットレス
構造ウレタンフォーム 1層ウレタンフォーム 2層
反発力体重に合わせて3種類を用意
140N、170N、280N
上層のやわらかい層 70N
中間層は制振クッション 120N
下層の高反発ウレタン 200n
体圧分散170Nが最適な方の体圧分散最下層のマットレスの形状にて3つにゾーニングされた特性を持っています。
コアラマットレス

マットレスの腰痛対策としては、体全体に体重を受けられるような構造がよいとされています。モットンは高反発の1層ではありますが、その反発力はかなり高く設定されています。モットンは3種類ありますので体重に合わせて選択することをお勧めしています。

モットン

なんといっても、モットンは280Nというかなりの高反発を持っていますので、適用できる体重がかなり重めでも大丈夫というのがモットンの最大の特徴ではないでしょうか!

ただ硬いのが腰痛によい、というわけではありませんが、他のいろいろなウレタンフォーム系のマットレスと比較すると、170Nはかなり硬めなのと、280Nというのはちょっとほかでは見ない値です。

コアラ(koala)マットレスは、上層のやらわかい部分と中間層、そして下層の高反発の支持層との3層構造となっています。各層がそれぞれに機能を持っています。

コアラ

上層部は、やわらかい低反発とほどよい弾力の高反発を融合した通気性のある独自素材を開発。中間層は、振動をバランスよく吸収するクッションの役割を実現。下層部は、寝返りを打ちやすい高反発で体をしっかりサポート。体圧を分散させるゾーニング製法で、理想的な寝姿勢を保ちます。

コアラマットレス

体圧試験の結果についてはモットンには体圧分散試験の結果はありますが、とコアラ(koala)マットレスは公開がありません。

基本的に反発力が高いほうが腰痛には優しいという考えがあります。そちらからすると、200Nものは反発力のウレタンフォームを使っているコアラマットレスの方が優しいかもしれません。

ただ、コアラマットレスは、その反発力もゾーニングを目的とした形状的な変形もありますので、材料の反発力は若干弱まるものと思いますが、その程度は推測も立てにくいのが正直なところです。

4.「高反発マットレスのモットン」と「コアラ(koala)マットレス」を寝心地の良さで比較!

こちらは感覚的な部分が大きいのでなかなか難しくはありますが、マットレスの構成などを参考にしていきます。基本的に表層は柔らかいほうが好まれますが、柔らかすぎると体がいたくなるなどもありますので、そのあたりの構成も含めてみていきましょう。

モットンオリジナルコアラマットレス
構造ウレタンフォーム 1層3つの硬さのウレタンフォームの3層
表層は70Nのウレタンフォーム
カバーはポリエステル 65%、テンセル™リヨセル繊維 35%

モットンに関しては1層の高反発ウレタンフォームになりますので、ウレタンフォームの肌触りそのものになります。モットンは高反発ウレタンフォームなので、低反発ウレタンフォームや綿クッションのようなふんわりと包まれる感はありません。

一方、コアラ(koala)マットレスにはカバーはクッション層がついており、特にテンセルリヨセル繊維は通気性をもっており快適さを維持します。また、上層が寝心地重視の低反発マットなので包まれた感は期待できそうに思います。

包まれた感のある寝心地の良さはコアラマットレスがよさそうですね。

5.「高反発マットレスのモットン」と「コアラ(koala)マットレス」を衛生面で比較!

マットレスに衛生面はアレルギーなどもありますので、非常に重要な要素となってきます。ダニやカビ、菌などが発生しにくいことが条件となります。

モットンオリジナルコアラマットレス
通気性通常のウレタンより通気性のよい気泡クラウドセルによる通気性抜群のウレタンフォームを使用
防ダニ、防菌、防臭効果等防ダニ、ほこりが出ない構造抗菌加工済み
清掃方法カバーは外して洗濯OK
立てかけて陰干しして湿気などをのがす
微生物の増殖を防ぐため、すべてのフォームには抗菌加工が施されています。
マットカバーの洗濯もOKです。

マットレスの衛生面についてはモットンは通気性や防ダニをきにしていますが、コアラ(koala)はそういった観点はあまり歌っていません。

モットンはウレタンフォームのマットレスになりますが、通気性は他のウレタンフォームよりは良い構造となっているようです。

コアラマットレス

また、コアラマットレスもかなり通気性については気にしており、hpでも売りの一つとして扱うくらいにはよいようです。そのウレタンフォームは「クラウドセル」という空気が通りやすいようなフォームを持っているようです。

モットン、ドクタータフィも同じくマットカバーを丸洗いができますので、定期的に洗濯しつつ、マットレスを干して湿気を取り除きましょう。ウレタンフォームは湿ったまま使い続けると、復元しなくなってしまいますので注意してください。

モットンは重量的には軽いので、通気させるために立てて陰干しにするなどは簡単にできるでしょう。コアラ(koala)マットレスはサイズが大きくなると、ちょっと大変かもしれません。

6.「高反発マットレスのモットン」と「コアラ(koala)マットレス」を耐久性で比較!

マットレスにはどうしても寿命があります。いつかは買い替えが必要になてしまいますが、頻繁にあるようだとコストにかかわってきます。モットンやコアラ(koala)マットレスの製品耐久性を確認してみました。

モットンオリジナルコアラマットレス
耐久試験80000回の繰り返し試験 > 復元率96.0%80000回の繰り返し試験 > 復元率:99.28%
見かけ密度30.0kg/m3以上

これだけの数値を見るだけではなかなか判断が難しいでしょうか。モットンの実質的な利用としては11年は持つ、という試算になるようです。

コアラ(koala)マットレスは復元率はモットンより高くなっています。そちらが保証機関にも表れているものと思います。

密度は高ければまたそちらも高耐久の要因になりますが、コアラマットレスの記載はありませんでした。

7.「高反発マットレスのモットン」と「コアラ(koala)マットレス」を返金保証や製品保証で比較!

最後に、マットレスは使ってみないわからない、ということもありますのでお試し期間や返金保証がどうなっているか。またマットレスが実際にへたったりした場合、何年まで保証してもらえるかをまとめました。

モットンオリジナルコアラマットレス
返金保証90日間の製品利用の後14日間の返品期間となります。120日間のトライアルあり。その後14日間までの返却。
※東京、大阪以外は送料7,000円必要
製品保証180日間のメールサポート
90日後の交換等は有償対応となります。
10年間の製品保証期間あり。

モットン、コアラ(koala)マットレスともに日にちは違えど、トライアル期間があり、モットンは90日間、コアラ(koala)マットレスは120日間となっています。こちらはマットレスはある程度の期間を使ってみないとわからない、というのがありますので、購入しやすさにつながるものと思います。

また、コアラ(koala)マットレスは10年間の製品保証期間もあります。モットンは90日移行は有償対応になりますので、ご注意ください。

「高反発マットレスのモットン」をおすすめの方はこんな人!

  • 現状のマットレスの上、もしくは敷物の下に置きたい方。10cmと薄めなのと、単層のウレタンなので、単品よりも重ねたほうがいいかもしれませんね。
  • 腰痛持ちのかたで痛みを軽減したい方。モットンはとにかく高反発がウリです。腰痛には基本的に高反発といわれていますし、体圧分散のテスト結果からも有効だと思います。
  • 体重が重たい方。通常の硬め程度ではへたりや底付きを起こしてしまう場合は、モットン特有の280Nのかなり反発力のあるマットレスがおすすめです。
  • やっぱり実際に長いこと寝てみて試したい方。90日間のお試し期間がありますので、必ず見極められると思います!
  • 耐久性をしっかりと確保したい方。モットンの売りとしてその耐久性がありあります。高反発のウレタンフォームの耐久性を実感しましょう!

高反発マットレス モットンの公式サイトはこちら

「コアラ(koala)マットレス」をおすすめの方はこんな人!

  • 寝心地としっかり感との両方を求める方。上層表面の低反発、高反発をあわせたウレタンフォームと、下層の高反発部分のマットレスのバランスが絶妙なようです。
  • 腰痛持ちですが、寝心地も大事ともう方。比較的腰痛持ちの方からの評判も良いようです。
  • 使ってみないとわからない、返金保証を必須とする方。120日間の返金保証がありますので、お試しにもよいと思います。

コアラマットレスの公式サイトはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気のマットレス、「高反発マットレスのモットン」と「コアラ(koala)マットレス」の違いを7つご紹介してきました。

最大の違いはなんといってもそのマットレスの構成だと思います。モットンが1層の高反発ウレタンフォームに対して、コアラ(koala)は表層は70Nの低反発、支持層は200Nもの高反発ウレタンフォームがあります。ただし、ゾーニングといって、場所によってスリットなど、形状で逃げるようにもなっているので、単純に硬いとは言えません。

モットンは腰痛にかなり注目したマットレスになっているので、1素材で170Nもしくは280Nといった反発力をダイレクトに伝えていますが、コアラマットレスは寝心地をかなり気にしています。

どちらが腰痛に対して効果があるかについては、また口コミなどをご覧ください。こちらではマットレスのつくりや思想などの紹介になってきます。

そういったお客様の声として、モットンと、コアラ(koala)マットレスそれぞれの口コミ記事も用意しておりますので、そちらも参考になればと思います。

>>高反発マットレス モットンの口コミはこちら
>>コアラマットレスの口コミはこちら

また当サイト一押しの雲のやすらぎプレミアムとモットンの比較記事もございますので、そちらも参考になればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました